HOME » 何から始める?引越し前の準備リスト

何から始める?引越し前の準備リスト

引越しの際に予め準備しておくべき事柄をジャンル別にまとめました。それぞれの項目を掘り下げてご紹介いたします。

引越しの際に、予め準備しておくべきこととは?

引越しの際には、荷造りや不用品の処分、電話やインターネットの手続きなど、さまざまな作業が必要になります。業者によっては、オプションとして作業を依頼できることがありますが、その分追加料金が発生するのが一般的。

費用をおさえるためにも、予め必要となる作業を確認し、準備をしていきましょう。

荷造り

ほとんどの引越し業者では、荷造り・梱包までをすべて任せるプランと、荷造り・梱包は依頼者が自分で行うプランが用意されています。前者は後者より割高になってしまうので、費用を抑えたいのであれば、荷造りは自分でやるのが賢明です。漠然と荷造りするのではなく、合理的に行うとスムーズなので、素早く荷造りを行いたいと考えている方は、ぜひ内容を確認してください。

転居に伴う届出

市区町村の役所に提出しなければならない届けは、実は想像している以上に多くあります。転出・転入だけでなく、国民健康保険や印鑑登録。お子さんのいるご家庭では、児童手当や学校の転校など。さらには銀行や郵便局への届け出も忘れずに行うべき手続きです。どのような手続きが必要なのか、しっかりと把握しておきましょう。

不用品の処分

実は引越しという作業は、不用品を処分する一大チャンスです。家の中のものすべてをチェックする機会は、それこそ引越し以外にはなかなかありません。新しい住まいでの生活をスッキリと迎えるため、そして引越し業者への費用を抑えるためにも、不用品の仕分けや処分は思い切って行いましょう。ただ捨てるのではなく、リサイクルショップなどを賢く利用すると◎。

電気・ガス・水道

ライフラインが使えなくなると、生活は一気に不便となってしまいます。また、旧居での使用停止手続きに不備があると、余計な料金を支払うことに…。ガスの手続きには、必ず専門家の立会いが必要といった側面もあるので、事前にどのような手続きが必要か確認してください。

電話・インターネット

固定電話やパソコンのインターネット回線を新居で利用するには、事前にサービス会社に連絡をしなければいけません。ケーブルテレビやスカパーなどのCS放送も同様に手続きが必要です。手順を確認して、スムーズに手続きを行いましょう。

電話で見積もりしてみた
東京の引越しが安い業者
3選

条件
予算10万円
段ボール50~60個+家具など
距離:約55~60km
ガッツムービングサービス
見積金額
約65,000円
「10万円もかかりませんよ!」と心強い対応が印象に残ったガッツムービングサービスさん。不用品も無料で引き取ってくれる優良業者です。
スタームービング
見積金額
約70,000円
ギリギリまで予算に合わせてくれたスタームービングさん。1月下旬の休日は少し値上がりとのことでしたが、提示料金は非常にリーズナブルでした。
アリさんマークの引越社
見積金額
約80,000円
TVCMでもおなじみ、大手引越し業者であるアリさんマークの引越社さん。インターネット割引などコミコミの価格ですが、対応は感じが良かったと感じました。