電気・ガス・水道

本ページでは、引越しの際に行なう電気・ガス・水道の手続きについて、ポイントや注意点などをピックアップしてご紹介していきます。

引越しの際に電気・ガス・水道はどうすればいい?

最低限の生活を過ごすためには、電気・ガス・水道のライフラインを整える必要があります。元の住まいでは引越し当日の朝まで、移転先の住居では引越し当日から使えるようになっていないと、大きな不便を強いられます。引越しの準備は早めに行なって、ライフラインをしっかりと確保しましょう。

実際にあったケースとして、引越し当日の新居で懐中電灯とロウソクで過ごした。出前や外食を余儀なくされた。公共入浴施設まで出かけるはめになったといった話は、実は意外にも多く聞かれます。電気・ガス・水道に関しては、しっかりと手続きおよび確認をしておくべきです。では、それぞれの手続きについて、具体的に見ていきましょう。

電気(電力会社)

旧居では、契約している電力会社(東京および関東周辺なら東京電力)に、電気利用停止の手続きを申し出ます。これを忘れてしまうと、使っていない電気の料金まで請求されてしまいますので要注意。停止日は引越しの当日にしておきましょう。

手続きの申し出は、余裕を持って2週間~1週間前までに行なっておくのがベストです。

引越し先の新居の手続きは、新居に用意されている「電気使用申込書」に必要事項を記入した上で投函。あるいは、電話での申し込みが一般的です。こちらも1週間前までに行なっておくのがよいでしょう。新居に到着したら、ブレーカーのスイッチ、漏電遮断器のスイッチ、配線用遮断器のスイッチを入れることで電気が使えるようになります。

水道(水道局)

水道の場合、旧居での閉栓に立ち合う必要は基本的にありません。事前に地域所轄の水道局事務所に引越し日=水道利用の停止日を連絡しておけばOK。特に何か作業が発生することはありません。

移転先の新居においては、水道のメーターボックスの中にある水止め栓を回して解除すれば、そのまま水が使えるようになります。ただし、それだけでは水が出ない場合も考えられるので、事前に確認しておいた方がよいでしょう。

申請は、郵便受けや玄関に用意されている「水道使用開始申込書」に必要事項を記入(これが契約手続きになります)した上で投函、あるいは電話での申し込みが一般的です。

ガス(都市ガス会社)

東京および近郊の場合は、主に東京ガスの契約者の方が多いでしょう。電気や水道と大きく異なるのは、閉栓作業と開栓作業を、必ずプロのスタッフに依頼しなければならない点です。これを踏まえた上で、申し込みはなるべく早めに行なっておくことをおススメします。

旧居での手続きは、ガス栓が屋内の場合は閉栓作業に必ず家人の立会いが求められます。室外にある場合は、その限りではありません。

新居では、事前に予約した日時に係員が訪問して、開栓作業ならびにガス漏れ検査や点火確認などを行ないます。前述した通り、必ず家人の立ち合いが必要となります。作業時間は概ね20分程度です。

電気・ガス・水道の手続きについて

電気の使用を始める時は立会いはいりません

電気に関しては停止の時だけは立ち会う必要がありましたが、使用を始めるときは必要ありません。新居に到着したら、「アンペアブレーカー」「漏電遮断器」「配線用遮断器」の順番で入るスイッチを押すと電気が使用できるようになっています。使用可能になったか確認できたら、引っ越し先の電気使用申込書に必要な項目を書いて投函してください。最近ではインターネットでも使用開始の手続きが可能になっています。そちらも便利なので活用してみてください。

契約アンペアを変えたいときは

住んでいると電気製品が増えていき、「このままで大丈夫だろうか・・・」と、アンペアに不安を覚える時があるかと思います。電気の使用アンペアは自宅に設置されている「アンペアブレーカー」の容量で決まっているのをご存じでしょうか。つまり複数の電気製品を一斉に使うとブレーカーが落ちてしまう、のように生活に支障をきたす様な場合は、契約中のブレーカーを変更してもらわなければなりません。電力会社に依頼して、大きい容量に変えてもらいましょう。東京電力の場合はアンペアブレーカーを交換する場合、工事を無料で対応しています。

ただし賃貸住宅などの家は大家さんに必ず連絡しないといけません。了解を得てから電力会社に工事を依頼します。またアンペアを大きくすると基本料金も変更になりますので変更前に必ず確認するようにしましょう。

新電力に切り替えたいときはどうすればいいの

2016年4月から始まった電力小売全面自由化により、商店も含まれるみなさんの家庭でも新電力が使えるようになったのをご存じでしょうか。使うには契約したい電力会社に電話かインターネットの専用サイトから申し込むだけで使えるようになります。しかし新電力を使えるようにするためには1つだけやらなくてはいけないことがあります。従来の電気メーターから新電力に対応のスマートメーターへの変更を行わなければなりませんのでご注意ください。実は新電力を申し込むと優先的に工事をしてもらえるのですが、多少時間がかかることがあります。このメーター交換作業は無料で対応してくれます。新電力を提供している会社の料金や内容を比べて自分の家計に合った電力を選ぶことができ、かしこくお得に生活できる時代になりました。

水道の使用開始は立会い不要

水道の使用開始では、係員の立会いは必要ないのでそのまま行けば使えます。ただしメーターボックスの中にある水止め栓を左へ回して栓を開けないと使用できないのでご注意ください。水止め栓を回して水が出ることを確認したら、「水道使用開始申込書」をはがきで連絡するか、インターネットで水道局のホームページから使用開始の手続きをしてください。

ガスを使用できるようにするには

電気や水道とは異なり栓を開けてもらうには立会いをしなければなりません。そのため、引越しの少なくとも1週間前には、新居を管轄するガス会社に必ず連絡を忘れない様にしましょう。その時、立ち会うことが必須のため自宅に来てもらう時間帯の予約をするとスムーズです。また引越しの繁忙期である春先はガス会社の予約が既に埋まることも多々あるので、やはり早めの連絡が良いでしょう。そして申し込むとき、「現住所」「新住所」「契約者名」「引越し予定日時」「現在のガスの種類」など、必要な情報の提出を求められるため手元に用意しておくことを忘れない様にしましょう。よくあるケースとして新住所がわからない場合があります。余裕をもった連絡・確認が大切です。

栓を開ける時に、ガス会社の係員が「ガスの種類と器具が合っているか」「警報装置作動状況」「ガス漏れの有無」といった点検を行ってくれます。そして問題がなければ使えるようになります。この時ガス機器がきちんとつながっているかをチェックする必要があるので、新居に移ったら真っ先にガス機器を設置し問題ないかチェックするのが得策です。

電話で見積もりしてみた
東京の引越しが安い業者
3選

条件
予算10万円
段ボール50~60個+家具など
距離:約55~60km
ガッツムービングサービス
見積金額
約65,000円
「10万円もかかりませんよ!」と心強い対応が印象に残ったガッツムービングサービスさん。不用品も無料で引き取ってくれる優良業者です。
スタームービング
見積金額
約70,000円
ギリギリまで予算に合わせてくれたスタームービングさん。1月下旬の休日は少し値上がりとのことでしたが、提示料金は非常にリーズナブルでした。
アリさんマークの引越社
見積金額
約80,000円
TVCMでもおなじみ、大手引越し業者であるアリさんマークの引越社さん。インターネット割引などコミコミの価格ですが、対応は感じが良かったと感じました。