荷造り

本ページでは、引越しの際に行う荷造りについてのお役立ち情報や、注意点をまとめています。

引越しの荷造り、何をいつまでに、どうすればよい?

引越し業者では多くの場合、荷造り・梱包までをすべて任せるプランが用意されています。そのほかには、荷造り・梱包は依頼者が自分で行い搬出。運搬のみを依頼するプランも存在しますが、家財道具の梱包や搬出は素人が行うと家に傷を付けたりする恐れもあるため、プロにお任せしたすると安心です。

プロにお任せするにしても、スムーズに荷造りを終わらせたいなら、ぜひ以下の手順を踏まえて準備を行なってください。下準備がされていると、荷造りが早くすむので、さくさくと引越しを進めることができます。

梱包資材の準備

まずは、荷物を梱包するためのダンボールやガムテープ、緩衝材(古新聞やエアクッションシートなど)を用意。

依頼する引越し業者が支給してくれる場合もありますので、有償・無償も含めて事前に確認しておきましょう。引越しの2週間前までには揃えておくのが◎。

荷造りの開始

引越しの2週間前位から、少しずつ始めていきましょう。面倒くさがって後回しにしてしまうと、引越し当日に全ての梱包が間に合わない場合も考えられます。

ポイントは、引越しの日までは使わないもの(例えば逆の季節の衣類や趣味のものなど)から片付けていき、日用品は直前に荷造りしていくと、混乱もなくスムーズです。

ダンボールのナンバーリングとリスト・メモ作成

まれに起こるトラブルとして、ダンボールが紛失しまうケースがあります。ダンボールには通し番号をつけ、何を何番に梱包したかをリスト化しておきましょう。

引越し先での荷解きの際も、使いたいものから開梱していけるので便利です。

冷蔵庫/洗濯機の引越し準備

引越し先に冷蔵庫/洗濯機の搬送を依頼する場合、水抜き(冷蔵庫の場合は霜取り含む)作業が必要となります。通常は引越し前日に行うことになりますので、それまでに取扱説明書を読んでやり方を確認してください。

パソコンデータのバックアップ

パソコンは精密機器ゆえに、引越しの際の輸送や振動などが原因で壊れる可能性もあります。緩衝材でしっかり梱包するのはもちろんですが、万一に備え、データのバックアップを取っておくと安心です。

引っ越しをより効率的に行うコツや手順

引っ越しの荷造りを行う際にダンボールへどう入れればいいのか分からない、何だかやる気が出ないといった方も多いのでは?ここではそんな引っ越しの際に重要な荷造りにおけるコツを見ていきましょう。

手順を間違えると使用頻度の高いものを梱包してしまい、面倒なことになりかねない荷造り。それとは逆にシーズンオフの洋服などの新居へと引っ越してから何ヶ月間も開けない荷物もでてくるでしょう。

こうした早めに梱包する方が良い荷物、引っ越す直前まで詰める必要のない荷物を仕分けして荷造りを進めると、とても効率的に作業を進めていくことが可能になります。それでは荷造りしていく手順とコツをご紹介しますので是非参考にしてください。

(1)荷造り手順その1・ブロック単位に細分化する

はじめに行う手順は、ブロック単位に細分化する作業。これは部屋をブロックに分けることで、例えばトイレや洗面台といった荷物が比較的少ない場所同士や、生活動線が近いも同士をまとめるという意味になります。そうすれば開封した時も楽に整理できます。 具体的な例としてワンルームで一人暮らしをしていたとしましょう。このとき、「居間」「キッチン」「トイレ」「洗面・風呂場」「玄関」「ベランダ」に分けるとします。2LDKで家族と一緒に暮らすなら、「リビング」「洋間1」「洋間2」「キッチン」「トイレ」「洗面・風呂場」「玄関」「ベランダ」という風に分けていきます。これは家族や生活を考えて分けていくことが重要になります。どこになにがあり、どのように使っているのか、何が優先させるのかを整理することにもつながります。

(2)荷造り手順2・ブロックをグループに分ける

ブロック化ができたら次はグループ単位に分けるようにします。ブロックに分けたところをさらに細かく分類する作業となります。グループを分けるには、「クローゼットなどの収納」や「引っ越し後にもレイアウトをかえない荷物」といった目的や内容に合わせて分けると良いでしょう。そうすれば実際に引っ越し先でも苦労せずに収納することが可能です。要は整理を事前にしておけば、困らないということです。関連性のあるもの、重要度の高いものを一緒にしておきます。

(3)荷造り手順3・当分は使わないであろう荷物を梱包していく

これは冒頭でもお伝えしたようにシーズンオフの洋服や当分使用しないものはさっさと荷物を詰めるほうが得です。そしてブロックごと、グループごと、荷物名などをマジックで箱に記載しておきます。

具体的には記載例として洋間・クローゼット・夏物服といったように書いておきます。 「ブロック・グループ・荷物」についてダンボールに分かりやすく記載しておくことで、開梱するときどこに何が入っているか一目瞭然となり、必要となるものから片付けることが可能になります。

何が入っているのか一目でわかると、順に片づけやすくなります。

(4)荷造り手順4・引っ越し後すぐに使いそうなものを詰める

当分使いそうにないものを詰めたあとは、最後は今使っている必要なもの、かなりの頻度で使うものを詰めていきます。これは最終日まで使う可能性があるので、詰めてしまってもフタを開けておきましょう。ガムテープをしないまま、当日までそのままにしておくといざという時出し入れが楽です。引っ越す当日に必要なくなったタイミングで封をしてしまうのがオススメです。

(5)荷造り手順5・当日までにすべての荷物を梱包する

理想的に進めるにはこうした作業を当日の朝までか、または前夜にまだ詰めきれていない荷物をダンボールに入れて用意しておくことです。あくまで理想ですが、当日慌てないためにも準備はしておきましょう。

電話で見積もりしてみた
東京の引越しが安い業者
3選

条件
予算10万円
段ボール50~60個+家具など
距離:約55~60km
ガッツムービングサービス
見積金額
約65,000円
「10万円もかかりませんよ!」と心強い対応が印象に残ったガッツムービングサービスさん。不用品も無料で引き取ってくれる優良業者です。
スタームービング
見積金額
約70,000円
ギリギリまで予算に合わせてくれたスタームービングさん。1月下旬の休日は少し値上がりとのことでしたが、提示料金は非常にリーズナブルでした。
アリさんマークの引越社
見積金額
約80,000円
TVCMでもおなじみ、大手引越し業者であるアリさんマークの引越社さん。インターネット割引などコミコミの価格ですが、対応は感じが良かったと感じました。