HOME » 後悔しない引越し業者の選び方 » オフィス移転のポイントと法人向け引越し業者を紹介!

オフィス移転のポイントと法人向け引越し業者を紹介!

オフィス移転をする際のポイント

見積もりは複数社から取って早めの手配を

オフィス移転

見積もりに関しては、一社だけでなく必ず複数社から取るようにしましょう。

規模が大きいゆえに見積もりの金額がおおまかなものになりやすく、なかには適正料金をはるかに上回る金額を出す業者もいるため注意が必要です。できるだけ見積もりの内訳を細かく示してくれる業者の方が信頼できるでしょう。

オフィスの引越しは想像以上に手続きが多く、時間がかかってしまいます。手続き以外にも、運び出すデスクや書類、荷物の整理、移転先の内装工事や電気系統の配線確認など、やるべきことは山ほどあります。

引越し予定日がずれてしまうといったトラブルを回避するためには、早めに業者の手配をしておくことが大切です。

精密機器とセキュリティー面の取り扱いには要注意!

オフィス移転において特に注意すべき点は「精密機械の取り外し・移動」です。

複合コピー機やパソコンなどのような精密機械は、取り扱いに慣れた業者に任せるのが無難でしょう。素人が無理に動かそうとすると、壊れてしまう可能性があります。

忘れがちですが、顧客管理表などのような機密書類の取り扱いにも気を付けなければいけません。「引越しの際に大事な書類を紛失してしまった」というトラブルは少なくないので、機密書類や大事な物の整理は事前に行っておきましょう。

法人向け引越しサービスのある業者をピックアップ!

1. 業界売上No.1の「サカイ引越センター」

業界売上No.1のサカイ引越しセンターは、法人向けの引越し実績も多い会社です。

オフィス移転へ向けた基本計画の策定や現状調査などを行ってくれ、事業に影響しないスムーズな引越しができます。

2. 移転先の選定もしてくれる「アート引越センター」

アート引っ越しセンターは、「おまかせオフィスパック」を利用すると移転先の選定、契約や移転のスケジュール作成、オフィスプランニング、什器・備品の買取といったさまざまなサービスが受けられます。

3. 手続きが楽にできる「日通」

受付から請求まで窓口を一本化している日通は、面倒な手続きや引越し作業を楽に行うことができます。

美術品や重量品のような特殊な荷物も受け付けており、梱包から設置まで全て任せられます。

4. 3つのプランから選べる「ハトのマークの引越センター」

ハトのマークの引越しセンターは「エコノミー」「スタンダード」「プレミアム」の3つの中から会社に適したプランが選べ、全国150以上のセンターの中から必要な規模でチームを組み、オフィスの引越しをサポートしてくれます。

5. トータルプロデュースが嬉しい「フクフク引越センター」

フクフク引越しセンターは、内装工事からサーバーシステム移送まで対応可能です。荷物量に応じて移転計画をプランニングします。

オフィス移転をトータルでプロデュースしてくれるので、日々が忙しい担当者も安心です。

6. 電気工事も対応してくれる「JRC日本引越しセンター」

JRC日本引越しセンターは、オフィスの規模を問わず、業務に支障の出ないスムーズな引越しを提供。スペースコンサルティングからセッティング、電気工事まで、トータルで対応してくれます。

電話で見積もりしてみた
東京の引越しが安い業者
3選

条件
予算10万円
段ボール50~60個+家具など
距離:約55~60km
ガッツムービングサービス
見積金額
約65,000円
「10万円もかかりませんよ!」と心強い対応が印象に残ったガッツムービングサービスさん。不用品も無料で引き取ってくれる優良業者です。
スタームービング
見積金額
約70,000円
ギリギリまで予算に合わせてくれたスタームービングさん。1月下旬の休日は少し値上がりとのことでしたが、提示料金は非常にリーズナブルでした。
アリさんマークの引越社
見積金額
約80,000円
TVCMでもおなじみ、大手引越し業者であるアリさんマークの引越社さん。インターネット割引などコミコミの価格ですが、対応は感じが良かったと感じました。